カバー演奏一覧

羅小白 S.white | 《聖所》林俊傑JJ Lin -Drum cover.

カバー動画がアップされていましたよ!

精力的ですねーーー

 

羅小白 S.white | 《聖所》林俊傑 JJ Lin -Drum cover.

YOUTUBEの説明を翻訳

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

羅小白(ロー シャオバイ) S.white

《聖所》林俊傑 JJ Lin -Drum cover.

すべての人は心の中に聖域を持っています。

私の聖域は彼の神殿にあります。

 

カバー動画を録画してからだいぶ時間がたった。

パソコンの無線が不調のため、編集箇所があります。

みんなが気に入ってくれたらいいな!

#超感動的な歌を聴いて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

林 俊傑(リン・ジュンジエ 通称 JJ 1981年3月27日 -)はシンガポールのポップ・ミュージック歌手、作曲家、作詞家。
シンガポールで生まれ、地元のメソジスト系の学校、セント・アンドリュース短期大学(大学準備校)で学んだ後、2003年に台湾でデビューする。中華圏(主に普通語、国語圏)で人気を博す。シンガポールでもCDがヒットし、TV番組やコマーシャルなどにも出演する。

 

原曲はこちら

林俊傑 JJ Lin – 偉大的渺小 線上新歌演唱會 LIVE STREAM CONCERT

 

林 俊傑さんの曲、染み入るカッコ良さです。

ちょっとマイケルジャクソンぽい歌い方もされてますね。

 

羅小白(ロー シャオバイ) S.white さんも

丁寧に演奏されているように感じます。

原曲よりドラムがカッコよく感じてしまうのは

贔屓耳でしょうかっ!?


羅小白 S.white さんによるOfficial COVER 第一弾 Maps

羅小白(ロー シャオバイ) S.white さんによる

Official COVER 第一弾 はMaroon5のMaps

 

[Official COVER] 羅小白 – Maps (原唱:Maroon 5 )

official COVER シリーズはパフォーマンスよりも

丁寧さを重視している模様。

 

しかし!しっかりした演奏の合間に

笑顔とかパフォーマンスも見せてくれて

眼福なのです😋

最後の「やった!」感がかわいい😍

 

YOUTUBEの説明を翻訳

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

羅小白 S.white 公式チャンネル
2015/11/24 に公開
Maroon 5 -Maps (Cover.)
喜んでいただけたらイイねを押してね:))

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

原曲はこちら

 

マルーン5(英: Maroon 5、マルーンファイヴ)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたバンド。1994年から4人組バンド「カーラズ・フラワーズ」(Kara’s Flowers)として活動していたが、5人編成になった2001年からバンド名を「マルーン5」(Maroon5)と改名して活動開始。2012年から2017年時点にかけてさらに2人がメンバーとして加入し、7人編成となっている。


Official COVER 羅小白 S.white パーティーアニマル (オリジナル:メイデイ)

[Official COVER] 羅小白 – 派對動物 (原唱: 五月天)

羅小白 S.white 公式チャンネル
2016/05/29 に公開
これはカッチョ良いですよー!

日本でもご存知の方がいらっしゃると思います、

メイデイ(五月天)さんのパーティアニマル(派對動物)

のオフィシャルカバーだそうです!

羅小白(ロー シャオ バイ) S.white さんが

別撮りで演奏された二本の動画を

組み合わせています。

左右でタイミングピッタリにドラム演奏したり

片方はスティックを振り回したりアレンジしたり。

片方はクールビューティな顔を見せてくれたり

片方はたまらない笑顔を見せてくれたり

見所満載です!

あと、一部の方は

ドラム演奏どころじゃないかもしれません😆

履いてないんじゃないかと思うくらい

ショートなホットパンツです!

素晴らしい太ももですねー😍

原曲はこちら

MAYDAY五月天 [ 派對動物Party Animal ] Official Music Video

メイデイ(中国語:五月天 Wǔyuètiān、英語:Mayday)は、台湾の5人組ロックバンド。1997年結成、1999年7月7日デビュー。

現在のアジア圏において、もっとも巨大なスケールである台湾出身の5人組ロックバンド。1箇所でのべ5万5555人を動員という台湾における音楽の観客動員記録を持ち、台湾金曲奨の「最優秀バンド」を4度受賞するなど、これまで受賞した音楽賞は国内外で150を超え、ライブ動員数は1,000万人を超えるなど、アジアのスーパーバンドとしての地位を築き上げている。

デビュー当初(1999年)は中華圏にバンド文化が浸透しておらず、「バンド」というものがどういうものかということすらほとんど理解されていなかった。台湾のロックは台湾語で歌う歌手が主流で、メイデイも台湾語で歌う楽曲を多く発表していたが、各国で人気が出るにつれて主に国語(北京語)で歌うようになっていった。

日本においては、GLAYやflumpoolのコンサートにゲスト参加したことがあり、逆に彼らがメイデイのライブに出演したこともある。2013年に入ってからはアミューズとA-Sketchと提携し、本格的に日本進出を開始する。また阿信が椎名林檎のファンということもあり、「彼女のライブを台湾のファンたちにも経験させたい」ということで、2015年に椎名にとって初となる海外公演「椎名林檎 (生)林檎博’15 -垂涎三尺-」(台湾・台北南港展覧館)に自らのブランドSTAYREALで協賛した。