二・二八事件についてまとめ

台湾を語る上で大きな事件

二・二八事件(ににはちじけん)

についてまとめました

概要

1947年2月28日に台湾の台北市で発生し、その後台湾全土に広がった、中国国民党政権による長期的な民衆弾圧・虐殺の引き金となった事件。

加害者は外省人(中国国民党政権および在台中国人)

被害者は本省人(当時はまだ日本国籍を有していた台湾人)と日本人

発端

1947年2月27日、台北市で闇タバコを販売していた本省人女性に対し、取締の役人が暴行を加える事件が起きた。これが発端となって、翌2月28日には本省人による市庁舎への抗議デモが行われた。しかし、憲兵隊がこれに発砲、抗争はたちまち台湾全土に広がることとなった。国民党政府は大陸から援軍を派遣し、武力によりこれを徹底的に鎮圧した。

背景

1945年に日本が敗戦した後の台湾には、連合国軍の委託を受けて、日本軍の武装解除を行うために、中国大陸から蒋介石率いる中国国民党政府の官僚や軍人が進駐し行政を引き継いだ。
当初、少なからぬ本省人が台湾の「祖国復帰」を喜び、中国大陸から来た国民党政府の官僚や軍人らを港で歓迎したが、やがて彼らの汚職の凄まじさに驚き、失望した。

大陸から来た軍人・官僚は、当時の国共内戦の影響で(人格的にも能力的にも精鋭と呼べる人材は大陸の前線に送られており)質が悪く、強姦・強盗・殺人を犯す者も多かったが、犯人が罰せられぬことがしばしばあり、もし罰せられる場合でも、犯人の省籍をマスコミ等で報じることは厳しく禁じられた。また、台湾の資材が中国人官僚らによって接収・横領され、上海の国際市場で競売にかけられるに到り、物資不足に陥った台湾では相対的に物価は高騰、インフレーションによって企業の倒産が相次ぎ、失業も深刻化した。

日本統治時代の台湾では、厳しい同化政策(皇民化教育)などはあったが、不正は少なく、帝国大学も創設され、インフラストラクチャも整備した台湾の経済は、日本内地の地方都市を超えて東京市と同じ水準だった。日本の統治を体験した台湾人にとって、治安の悪化や役人の著しい汚職、軍人・兵士などの狼藉、さらに経済の混乱は到底受け入れがたいものであり、人々の不満は高まっていった。

顛末

この事件をきっかけとし、民衆の中華民国への怒りが爆発した。翌28日には抗議のデモ隊が市庁舎へ大挙して押しかけたが、中華民国側は強硬姿勢を崩さず、憲兵隊は市庁舎の屋上に機関銃を据えて、非武装のデモ隊へ向けて無差別に掃射を行う。台北以外の各地でも多くの市民が殺害され、傷を負った。

本省人側は国民政府に占拠されている諸施設へ大規模な抗議行動を展開。台湾住民の中には日本語が話せないグループもいたが、「君が代」は国歌として全ての台湾人が歌えたため、本省人たちは全台湾人共通の合言葉として「君が代」を歌い、歌えない者(外省人)を排除しつつ行進した。

劣勢を悟った中華民国は、一時本省人側に対して対話の姿勢を示したが、大陸の国民党政府に密かに援軍を要請した。蒋介石は翌月、第21師団と憲兵隊を大陸から援軍として派遣し一斉に反撃を開始した。裁判官・医師・役人をはじめ日本統治時代に高等教育を受けたエリート層が次々と逮捕・投獄・拷問され、その多くは殺害された。こうして台湾全土が国府軍の支配下に収まった。

この事件によって、多くの本省人が殺害・処刑され、彼らの財産や研究成果の多くが接収されたと言われている。1992年、台湾の行政院は、事件の犠牲者数を1万8千〜2万8千人とする推計を公表している。

今日の台湾に近い形の「民主化」が実現するのは、李登輝総統が1992年に刑法を改正し、言論の自由が認められてからのことである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/二・二八事件

より抜粋

シェアする

フォローする